芸術的な食べ物とビールを味わう

london

  • ロンドンの中心にある急成長中のフードシーン
  • おいしい軽食をつまみながら、ストリート・マーケットで世界中の食を
  • 1マイルほどさらに歩いて、世界レベルの地ビール
  • お腹を空かせて、居心地の良いフレンチ・ビストロ、スペイン風タパス、シェリー・バーへ




近年、サウスイースト・ロンドン近くのバーモンジー(Bermondsey)界隈が、この街で最も刺激的なフードシーンとして台頭してきました。モルトビー・ストリート・マーケット(Maltby Street Market)は、観光客であふれかえったバラ・マーケットから派生した活気ある地区で、週末には世界中の食を楽しむことができます。Bar Tozinoは、ロンドンで初めてハモン・ボデガ(スペイン産生ハム)を提供した店で、オーナーがスペイン産生ハムを切り分けて1杯のシェリーとともにサーブしてくれます。St. John Maltbyは「Nose to Tail Eating: A Kind of British Cooking」の著者ファーガス・ヘンダーソンが鉄道アーチ橋の下に開いた店で、クリームたっぷりのおいしいドーナツを作ってくれます。もちろん、まずはこのマーケットに行かなければなりません。まず、地下鉄のTower Hill駅を降り、タワー・ブリッジを渡って南へ歩き、ドルイド(Druid)・ストリートの歩道橋を左折します。線路伝いに(ヒップスターの後をついて)歩いた先には「Brew By Numbers」と「Anspach & Hobday」があります。この2店は「Bermondsey Beer Mile」に沿ったところにあります。またお腹が空いたら、バーモンジー(Bermondsey)・ストリートに小さなフレンチ・ビストロの「CasseCroûte」、いつも賑わっているタパス・バーの「José」があります。カルチャーを味わうには、コンテンポラリー・アート・ギャラリー「White Cube」のサテライトがあります。



























「The Bermondsey beer and food mile」はアビー(Abbey)・ストリートの南から始まり、そのままドルイド(Druid)・ストリートに沿って延びています。Bermondsey駅からスタートするのが最良です。その後、さまざまなレストランやバーをお楽しみいただきながら散策できます。

​MALTBY STREET MARKET;
所在地:Ropewalk; ホームページ:maltby.st

​​
BAR TOZINO; 所在地; Lassco Ropewalk, Maltby St.; ホームページ:bartozino.com

​​
ST. JOHN MALTBY; 所在地:41 Maltby Street; 電話:44-(0)20-7553-9842; ホームページ:stjohngroup.uk.com

​​
BREW BY NUMBERS; 所在地:79 Enid St.; 電話:44-(0)20-7237-9794; ホームページ:brewbynumbers.com

​​
ANSPACH & HOBDAY; 所在地:118 Druid St.; 電話:44-(0)20-8617-9510; ホームページ:anspachandhobday.com

​​
CASSE-CROÛTE; 所在地:109 Bermondsey St.; 電話:44-(0)20-7407-2140; ホームページ:cassecroute.co.uk

​​
JOSÉ; 所在地:104 Bermondsey St.; 電話:44-(0)20-7378-9455; ホームページ:josepizarro.com

​​
WHITE CUBE; 所在地:144152 Bermondsey St.; 電話:44-(0)20-7930-5373; ホームページ:whitecube.com














芸術的な食べ物とビールを味わう

芸術的な食べ物とビールを味わう

london

  • ロンドンの中心にある急成長中のフードシーン
  • おいしい軽食をつまみながら、ストリート・マーケットで世界中の食を
  • 1マイルほどさらに歩いて、世界レベルの地ビール
  • お腹を空かせて、居心地の良いフレンチ・ビストロ、スペイン風タパス、シェリー・バーへ




近年、サウスイースト・ロンドン近くのバーモンジー(Bermondsey)界隈が、この街で最も刺激的なフードシーンとして台頭してきました。モルトビー・ストリート・マーケット(Maltby Street Market)は、観光客であふれかえったバラ・マーケットから派生した活気ある地区で、週末には世界中の食を楽しむことができます。Bar Tozinoは、ロンドンで初めてハモン・ボデガ(スペイン産生ハム)を提供した店で、オーナーがスペイン産生ハムを切り分けて1杯のシェリーとともにサーブしてくれます。St. John Maltbyは「Nose to Tail Eating: A Kind of British Cooking」の著者ファーガス・ヘンダーソンが鉄道アーチ橋の下に開いた店で、クリームたっぷりのおいしいドーナツを作ってくれます。もちろん、まずはこのマーケットに行かなければなりません。まず、地下鉄のTower Hill駅を降り、タワー・ブリッジを渡って南へ歩き、ドルイド(Druid)・ストリートの歩道橋を左折します。線路伝いに(ヒップスターの後をついて)歩いた先には「Brew By Numbers」と「Anspach & Hobday」があります。この2店は「Bermondsey Beer Mile」に沿ったところにあります。またお腹が空いたら、バーモンジー(Bermondsey)・ストリートに小さなフレンチ・ビストロの「CasseCroûte」、いつも賑わっているタパス・バーの「José」があります。カルチャーを味わうには、コンテンポラリー・アート・ギャラリー「White Cube」のサテライトがあります。



























「The Bermondsey beer and food mile」はアビー(Abbey)・ストリートの南から始まり、そのままドルイド(Druid)・ストリートに沿って延びています。Bermondsey駅からスタートするのが最良です。その後、さまざまなレストランやバーをお楽しみいただきながら散策できます。

​MALTBY STREET MARKET;
所在地:Ropewalk; ホームページ:maltby.st

​​
BAR TOZINO; 所在地; Lassco Ropewalk, Maltby St.; ホームページ:bartozino.com

​​
ST. JOHN MALTBY; 所在地:41 Maltby Street; 電話:44-(0)20-7553-9842; ホームページ:stjohngroup.uk.com

​​
BREW BY NUMBERS; 所在地:79 Enid St.; 電話:44-(0)20-7237-9794; ホームページ:brewbynumbers.com

​​
ANSPACH & HOBDAY; 所在地:118 Druid St.; 電話:44-(0)20-8617-9510; ホームページ:anspachandhobday.com

​​
CASSE-CROÛTE; 所在地:109 Bermondsey St.; 電話:44-(0)20-7407-2140; ホームページ:cassecroute.co.uk

​​
JOSÉ; 所在地:104 Bermondsey St.; 電話:44-(0)20-7378-9455; ホームページ:josepizarro.com

​​
WHITE CUBE; 所在地:144152 Bermondsey St.; 電話:44-(0)20-7930-5373; ホームページ:whitecube.com