メイフェアの職人に出会う

london

  • 職人の街の一面を見せるメイフェアを散策しながら、真の職人に出会う
  • 英国で最高の職人たちの手によるモダンなホームウェア
  • オーダーメイドのメンズウェアやサンダル、特製の帽子を買い求める
  • 美しい庭を眺めながら、テラスでコーヒーを楽しむ




オックスフォード(Oxford)・ストリートに店を構える国際色豊かなチェーンストアとマウント(Mount)・ストリートに立ち並ぶ高級メゾンに囲まれたメイフェアは、ちょっとしたショッピングのメッカです。メイフェアでは、小一時間かけて職人技を見て回ることをお勧めします。「The New Craftsmen」では、英国の職人の手仕事によるモダンなホームウェアが見つかるでしょう。「The New Craftsmen」から1ブロック東にあるデューク(Duke)・ストリートには、英国製の品を扱い、オーダーメイドも受け付ける新しいブティックが立ち並んでいます。このエリアで、サヴィルローのブランド「Norton & Sons」で知られるファッション・デザイナー、パトリック・グラント(Patrick Grant)が、19世紀のメンズウェア・レーベル「E. Tautz」の1号店を最近オープンしました。このレーベルは、オーダーメイド・サービスを基本としているのが特長です。また、エコシックなシューズ・メーカー「Penelope Chilvers」は、「ダンディなサンダル」をあつらえるスタジオを備えた支店をオープンしました。さらに、かつてフィリップ・トレーシー(Philip Treacy)で帽子をデザインしていたローラ・アプシット・リーベン(Laura Apsit Livens)も、ここでヴィクトリア朝の階段に自身の工房を立ち上げました。ベアトリス王女をはじめとする英国王室も彼女のシルクハットのファンです。隠れ家的なブラウン・ハート・ガーデンズ(Brown Hart Gardens)のコーヒーもいただきましょう。














チューブ(地下鉄)のBond Street駅で降りて左手に進むと、オックスフォード(Oxford)・ストリートに出ます。3ブロック進んで左折するとノース・オードリー(N. Audley)・ストリートに出ます。そこはもう、英国工芸品のショッピングエリアです。

​​THE NEW CRAFTSMEN;
所在地: 34 North Row; 電話:44-(0)20-7148-3190; ホームページ: thenewcraftsmen.com

​​
E. TAUTZ; 所在地:71 Duke St.; 電話:44-(0)20-7629-8809; ホームページ: etautz.com

​​
PENELOPE CHILVERS; 所在地:69 Duke St.; 電話:44-(0)20-7491-9555; ホームページ:penelopechilvers.com

​​
LAURA APSIT LIVENS; 所在地:59 Duke St.; ホームページ:lauraapsitlivens.co.uk

​​
THE GARDEN CAFÉ, BROWN HART GARDENS; 所在地:Duke St.; 電話:44-(0)20-7493-9995; ホームページ:benugo.com